Monthly Archives: 4月 2021

今年は聖徳太子没後1400年!法隆寺にダウン症の書家、金澤祥子さん、きたる!

本当に実在した人なのかどうか、長年議論されている聖徳太子ですが、今年は彼がお亡くなりになり1400年という記念すべき年だそうで、2021年4月3日から5日まで、奈良や京都のさまざまなお寺のお坊さんが法隆寺に集まり、法要をしていました。

私たちが参加したのは、5月5日の最終日。この日の奈良は真っ青な空で快晴でした。4日はあいにくの大雨。

私たち一般参拝者の人以外に、招待客が450人ほどいらっしゃるのですが、4日の人は可哀そうでした。近所の喫茶店のスタッフによると、雨に降られた参拝者たちが濡れながら飛び込んできたそうなんです。

本来ならば、こういうイベントは、事前にテレビで紹介され、歴史ファンや神社仏閣好きな人たちが大量に押しかけそうですが、おそらくコロナのせいでしょうね。ほとんどテレビで報道しないので、人は少なめでした。

私たちはたまたま法隆寺の公式サイトで見つけたのでラッキーでした。友達が奈良に来る日とちょうど重なっていたので都合が良かったです。

それから、ダウン症の書家である金澤祥子さんが来られていました。書かれた言葉は「共に生きる」。

コロナ禍で、女性や子供の自殺が増えていると聞きました。経済的に困窮しても優しい友達や家族に囲まれていれば、人は自殺はしないと思うのです。

こういった時期には助け合いが何よりも大切。

金澤祥子さんの「共に生きる」という言葉が心に響きますね。

「翔子さん、すばらしい!」と声援が飛ぶと、涙を流されていました。

翔子さんは、1985年生まれの35歳。お母さんも書道の先生です。お母さんと二人三脚で、力強い文字を披露してくれました。

障害があり、ご家族でご苦労されたようですが、みんなに力を与える素晴らしい女性へと成長されました。

法隆寺では。玉虫厨子や聖徳太子の子供の時の像、百済観音、秘仏である救世観音を見学しました。また聖徳太子の歴史書でも読んでみようと思います。私は絶対に実在されていたと思いますよ。

探偵 浮気 調査

デコルテの美の歴史

デコルテの語源はローブデコルテ。

これは18世紀フランスが発祥と呼ばれている女性の超フォーマルだ。ネックラインが深く開かれていて胸元も背中も見せて、極めて優美ながらも女性美を強調するというイブニングドレス。

正直、これは神がかったファッションだと思う。

フォーマルながらも女性の色香も感じずにはいられない。優美でありながらも蠱惑的。

人類史上でもまさに神がかったバランスを持った女性のファッションだと思う。

実際、ただの妄想ではなくローブデコルテは女性がその肉体美を見せつけるという面を持っていたのも事実だそうだ。西洋の女性礼装でもっとも格式の高いものとされていながらそれなのだから、おそれいる。

そんなローブデコルテを語源としているのが、デコルテだ。

デコルテは、フランス語で『襟ぐりの深い』という意味の形容詞である。

それが転じてファッション用語となり、今では『首元まわりから胸の谷間までの広い部分全部』をデコルテと呼ぶようになった。

ただ、『胸の谷間から胸上部あたりまで』をデコルテだと思っている人が割と多く、これは間違いだ。

それは、デコルテの一部である。

本当は『うなじ』もデコルテの一部なのである。

これは、よく考えてみるとわかることで、デコルテの美しさは『胸の谷間』だけでは成立しない。

デコルテラインと呼ばれる首筋から胸元まで──デコルテの全域からくるバランスとその全域の美によって成立するものである。

考えてみてほしい。

胸元がきれいでも、その上にある首回りの手入れが不十分だった場合、それを美しいと言えるのかという話だ。

やはり、デコルテそのものも総合美なのだ。

他人に対面したときに必ず相手が見るものは顔である。顔を見れば、当然視界の中にデコルテも入る。

だからデコルテもきちんとケアしていきましょうという話なのだが、そのデコルテの美しさ自体もまた総合美と言えるのです。

デコルテという言葉の語源を探るだけでも、「そもそもそういうものである」と言うことがわかってくる。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という。

デコルテの話に関しても、これは同じことが言えそうだ。

そんなデコルテを専門にケアできるアイテムを1つ紹介しておこうと思う。

興味のある人は、ぜひこちらのリンク先の記事も読んでみてほしい。

ハーリス ネックシートマスク