Monthly Archives: 4月 2021

青春はあなた以外の何者でもなき。

私は高校2年生の時に初彼氏ができました

それまでは、5歳年上の大学生の塾の担当T先生に不毛な片思いをずっとしていたのですが、その時の5歳差はかなりの差でいつも子供扱いされていたので全く想いを伝える勇気もなく悩んでいました

そんな時塾で新しい出会いがありました

私の通っていた塾は小さな個人塾で小さいながらも、来年受験生になるのだから同学年で結束して受験を目指そう!と交流しついでに自習室の鍵当番なども決める挨拶会がありました

同学年には5人生徒がいて、3人は既に昔からの友達でしたがその中の2人は初めましてでした

そして、初めましての中にやたらイケメンが1人いたのが印象的でした

鍵当番などの為携帯番号を交換すると、その日の夜イケメンRから連絡が来て驚きました

どうせ全員に送ってるんでしょと軽く見てやり取りをしていたのですが、翌日塾の他の女の子達はイケメンRの噂で持ちきり

かっこいい、彼女いるのかな?仲良くなりたい!と騒がれていたので、ん?皆メール来てないのかな?と疑問に思いましたが、まぁ私は担当のT先生が好きなので、どうでもいいやと適当に話を聞いていました

すると、毎日毎日イケメンrから塾終わりにメールが来るんです

段々、軽く見られている!と思い出した私は、凄い暇なのか、からかってるの?と思い切って聞いて見ました

するとイケメンRは、「そんな訳ないじゃん

興味ない子にわざわざ塾終わりの疲れた時間に連絡なんてしないよ

他の子にもしてないじゃん

わかんないの?」と言われ、あまりにもストレートだったので驚きました

今まで大してモテた事もなかったのでにわかに信じがたかったですが、その日から凄く意識する様になりました

同じ薬学部を目指していたので目標も同じで生活環境も少し似ていたので仲良くなるのに時間は掛からなかったんですが、すごくモテる人だったので好かれている自信がなく意識しているものの何回か流していました

すると、次は友達だった同級生女子のやっかみに合う事になりました

私の好きなT先生はめちゃくちゃ頭脳派で人気があり、1番最初の担当をした私を可愛がってくれてました

気持ちは伝えられないものの他の生徒より仲の良い私はいつも自分でも嬉しかったです

そこにイケメンRの突然のアタックが入ってきたので、やっかみは最高レベルで常にシカトのような感じ

私はまぁ勉強してればいっかと思っていたのですが、イケメンRが常に話しかけてくれたので優しいなと少し惹かれはじめました

T先生の事が好きな私に少し気づいていたRは何回かデートに誘ってくれました

まぁ気分転換にしてみよっかなっと思いデートしてみると本当に楽しかったんです

常にストレートなRはT先生好きなのやめてよ

と言いはじめました

やめようと思ってやめれるもんじゃないしなーと公園でしゃべっていると突然キスされました

驚くと、これで俺の事好きになるよっと笑ってもう一回キスしてきました

ファーストキスがいきなり過ぎて驚きましたが、凄くその瞬間気持ち良かったので、キスが終わった後まんまと好きになってました

ね、好きになってるでしょ?って言われたのでうん

そうかもって答えると、じゃあ今日から彼女ね!っと言われました

そのデートの後はもちろん塾の時間だったんですが、T先生と必要以上に仲良くするなよ

俺妬くからね

と言われ顔面赤面のまま塾に行きました

でも案の定授業風景を見ていたRは妬いて、その夜めちゃくちゃ怒られたのも初めての感覚で嬉しかったです

そこからは自然とT先生は好きではなくて憧れに変わっていきました

受験シーズンになると忙しくて女子のやっかみも少なくなりRといつも自習するのが日課になっていました

そして2人は晴れて薬学部に合格

私は女子大、彼は共学の薬学部へ入学

Rは入学した後ダンスサークルに入って活躍していました

顔もかっこよく、ダンスサークルで頭もそこそこだったので、まぁモテない訳がないです

塾の比じゃないくらいのやっかみでした

Rの学校の女子からのSNSの覗き見、マウント凄かったです

優男の彼だったので、私に気遣いはしてくれたものの、他の女子に注意はしてくれず、モヤモヤしていたのを覚えています

私も自分の友達に彼を紹介すると皆、驚いて、彼はモテるわ

と言われたのでまぁ我慢しかないのかなと思いました

彼のモテモテを痛感した大学生活でしたが、慣れてくると何だか誇らしくもなってきました

彼もそんな中一途で、ホワイトデーに手作りクッキーをやいてくれたり、ネックレスを作ってくれたり、ディズニーランド、夏祭り、イベントごと大好きで私を楽しませてくれました

そんな関係が4年続きました

大分大人になってきた私達が思い出話をしていると、青春て私達はもう過ぎちゃったのかな?という話題になりました

Rにとって1番の青春って何だった?って聞くと、いや、そんなんお前の一択でしょ

何なら今もずっとその青春の線上で続いてるんだけどと言われました

今までで言われた中で1番嬉しかった言葉です

その後、方向性の違いから別れる事になってしまいましたが、あの時の言葉をたまに思い出して今でも宝物にしています

彼とは別れましたが、その後また彼とは全く違う素敵な男性と結婚しました。2人の男性しか知らないですが、そんな中でスーパーモテ男との交際は中々貴重な体験が出来たと思います。

恋愛デザインメソッド 料金

今年は聖徳太子没後1400年!法隆寺にダウン症の書家、金澤祥子さん、きたる!

本当に実在した人なのかどうか、長年議論されている聖徳太子ですが、今年は彼がお亡くなりになり1400年という記念すべき年だそうで、2021年4月3日から5日まで、奈良や京都のさまざまなお寺のお坊さんが法隆寺に集まり、法要をしていました。

私たちが参加したのは、5月5日の最終日。この日の奈良は真っ青な空で快晴でした。4日はあいにくの大雨。

私たち一般参拝者の人以外に、招待客が450人ほどいらっしゃるのですが、4日の人は可哀そうでした。近所の喫茶店のスタッフによると、雨に降られた参拝者たちが濡れながら飛び込んできたそうなんです。

本来ならば、こういうイベントは、事前にテレビで紹介され、歴史ファンや神社仏閣好きな人たちが大量に押しかけそうですが、おそらくコロナのせいでしょうね。ほとんどテレビで報道しないので、人は少なめでした。

私たちはたまたま法隆寺の公式サイトで見つけたのでラッキーでした。友達が奈良に来る日とちょうど重なっていたので都合が良かったです。

それから、ダウン症の書家である金澤祥子さんが来られていました。書かれた言葉は「共に生きる」。

コロナ禍で、女性や子供の自殺が増えていると聞きました。経済的に困窮しても優しい友達や家族に囲まれていれば、人は自殺はしないと思うのです。

こういった時期には助け合いが何よりも大切。

金澤祥子さんの「共に生きる」という言葉が心に響きますね。

「翔子さん、すばらしい!」と声援が飛ぶと、涙を流されていました。

翔子さんは、1985年生まれの35歳。お母さんも書道の先生です。お母さんと二人三脚で、力強い文字を披露してくれました。

障害があり、ご家族でご苦労されたようですが、みんなに力を与える素晴らしい女性へと成長されました。

法隆寺では。玉虫厨子や聖徳太子の子供の時の像、百済観音、秘仏である救世観音を見学しました。また聖徳太子の歴史書でも読んでみようと思います。私は絶対に実在されていたと思いますよ。

探偵 浮気 調査

デコルテの美の歴史

デコルテの語源はローブデコルテ。

これは18世紀フランスが発祥と呼ばれている女性の超フォーマルだ。ネックラインが深く開かれていて胸元も背中も見せて、極めて優美ながらも女性美を強調するというイブニングドレス。

正直、これは神がかったファッションだと思う。

フォーマルながらも女性の色香も感じずにはいられない。優美でありながらも蠱惑的。

人類史上でもまさに神がかったバランスを持った女性のファッションだと思う。

実際、ただの妄想ではなくローブデコルテは女性がその肉体美を見せつけるという面を持っていたのも事実だそうだ。西洋の女性礼装でもっとも格式の高いものとされていながらそれなのだから、おそれいる。

そんなローブデコルテを語源としているのが、デコルテだ。

デコルテは、フランス語で『襟ぐりの深い』という意味の形容詞である。

それが転じてファッション用語となり、今では『首元まわりから胸の谷間までの広い部分全部』をデコルテと呼ぶようになった。

ただ、『胸の谷間から胸上部あたりまで』をデコルテだと思っている人が割と多く、これは間違いだ。

それは、デコルテの一部である。

本当は『うなじ』もデコルテの一部なのである。

これは、よく考えてみるとわかることで、デコルテの美しさは『胸の谷間』だけでは成立しない。

デコルテラインと呼ばれる首筋から胸元まで──デコルテの全域からくるバランスとその全域の美によって成立するものである。

考えてみてほしい。

胸元がきれいでも、その上にある首回りの手入れが不十分だった場合、それを美しいと言えるのかという話だ。

やはり、デコルテそのものも総合美なのだ。

他人に対面したときに必ず相手が見るものは顔である。顔を見れば、当然視界の中にデコルテも入る。

だからデコルテもきちんとケアしていきましょうという話なのだが、そのデコルテの美しさ自体もまた総合美と言えるのです。

デコルテという言葉の語源を探るだけでも、「そもそもそういうものである」と言うことがわかってくる。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という。

デコルテの話に関しても、これは同じことが言えそうだ。

そんなデコルテを専門にケアできるアイテムを1つ紹介しておこうと思う。

興味のある人は、ぜひこちらのリンク先の記事も読んでみてほしい。

ハーリス ネックシートマスク