一般的な老親家庭は毎月1万3千円の赤字が普通

あなたは親の年金が毎月倉は言っているか?郷司ですか?
あなたは毎月老親の生活費がいくらかかっているか?ご存知でwすか?

田舎の実家で暮らす老親の生活費
どうなっているのか?
不安であってもなかなか聞き出せないものです。
なぜなら変なことを聞き出してあなたに負担が回ってきては大変だからです。
できればクサイ物にはずっと蓋をしていたいものです。
しかし、じょじょにそれもできなくなってきます。
高齢の親が入院したり
認知症の気配が現れてきたり
さて、いよいよその老親の生活も新権威子供のあなたが関gは得なければいけない時期がやってきます。

総務省の調査によると、二人以上の世帯で世帯主が65歳以上で無職の場合、世帯当たりの1か月の芸金収入は宅26万円程度だそうです。
内訳は年金などの社会保障球菌がほとんどを占めています。
これに対し主出は役27万3背ッべbb。
つまり約1万3千円が毎月赤字となっている計算になります。
多くの家庭では貯金の切り崩しでなんとかやりくりされていあmすが、それもいつかは破綻してしまいます。

これに対して、仕事を持っている二人以上世帯の65歳以上の家庭では収入が約43万円程度
これに対し主出は36万円余りう
無職の65歳以上の世帯よりも約10万円以上も脂質が増えています。
やはり支出が多いということhが余裕のある生活をおくっているともいえます。

よく「ボケないためrにも一生仕事を続けなさい」ともいわれていますが、これはボケ防止だけではないようです。

さて、老親が無職の場合は毎月1万3千円の赤字が発生しているのですからそれを補填する貯金はいくらあるのでしょうか?
総務省の調査によると平均は2166万円
けっこう貯金はあるなあ
というのが正直な感想です。
但し問題なのはそのばらつきです。
ウン億円と貯め込んでいる人もいれば貯金はもうほとんどゼロに近い
そんあn格差が大きいのです。
平均にならせば2000万円あるのだけれど、はたしてあなたの老親
老人ホーム 嫌がる 親を施設に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です