害獣駆除は素人にもできるのか?

結論から言うと、『絶対』無理です。

というか、やってはいけないし、やるのも危険だし、そもそもやれないし……。

という、完全なムリゲーが『素人の害獣駆除』です。

まず、大前提として……

生きている動物を自分の手で殺したことのある人っていますか?

もちろん、ゼロではないのはわかっています。

でも、非常に少ないでしょう。

害獣駆除でうまく追い出しができればいいですが、もし捕まえた場合は次は『処分』です。

『処分』というと耳障りが良いですが、ようは自分で殺して死体を合法的にきちんと処分するところまでの作業が待っています。

これが抵抗なく出来る人も、また少ないのです。

そして、動物は想像以上にかしこいです。動物に関する知識のない素人が動物の習性などを利用せずに動物を捕獲するのは困難を極めるでしょう。

まず、成功しません。できたとしたら、まさに『偶然』です。

それに害獣を駆除しなくてはいけない状態というのは、多くの方にとっては自宅に害獣が住みついてしまったときだと思います。

ということは、住みついてしまった動物によってフンなどで汚されてしまった場所を清掃しないといけないですし、ダニやノミの発生の心配や寄生虫や細菌の心配も出てきますので殺菌消毒も必要にあります。

すでに侵入してきたということは侵入路も特定して塞がなくてはいけません。

住みついた動物によって家屋が傷つけられていたり、糞尿で腐食したりしていたら修繕も必要になります。

これが素人に対応できる作業でしょうか。無理です。だから、『やれない』。

動物は人間と比べると、恐ろしく身体能力が高いです。速さなどは、まず勝負になりません。

つまり、捕獲時に反撃されればなにがしかのケガを負う可能性が非常に高くなります。

そして、自然の動物は菌をたくさん持っています。噛まれたりひっかかれたりの直接的なケガももちろん注意したいですが、そこで感染する可能性のある菌が本当に怖いです。

わりと誇張表現ではなく、命に係わるものを普通に持っていたりします。

だから、『危険』。

そして、根本的な問題としてどんなに被害が出ていようとも、日本では動物の捕獲には免許や許可が必要になります。

例外は『家ネズミ』くらいです。だから、『やってはいけない』。

家ネズミだって、やっていけなくはないけどやったら後始末が大変なのはすでに説明した通りです。

だから、もし害獣被害だと思っても、決して自分で駆除しようと思ってはいけません。

ムリゲーなのです。

害獣駆除 ハウスプロテクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です