お客に注意する時は笑顔でやらなければならない

お客様は神様です
そんなことを言っていた日本の代表的歌手がいましたよね。
でも、傍若無人な態度をとるお客には、いくらお客様と言えdもきちんと注意しなければなりません。
例えば
本屋さんで立ち読みを続けるお客さん
大きな声で会話するお客さん
などなどマナーを守らないお客もいます。

そんな時でも注意する時は笑顔を忘れてはいけません。

「すみません。
大きな声での会話は控えてください!」
ピシャリとキツイい方で注意してしまうとそのお客は2度と来なくなるでしょう。
確かに悪いのはお客のほうなのですが、そこには注意のやり方がある糖ものです。

「別にいいじゃん、そんなに込んでいるわけじゃないし・・・」
という表情でそそくさと出て行ってしまうでしょう。
店員の
「私はあなたの態度に起こっています」
という素振りをあからさまに示されたら誰だって気分の良いものではありません。
そこでお客に注意する時には次の3つを心がて欲しいのです。
①ニコニコした笑顔で
②穏やかな口調で
③周囲の他のお客にわからないように
子の3つです。

ニコニコしながら笑顔で注意すると、相手にも優しい印象でメッセージが伝わります。
お客様からすれば素直に注意を受け入れることができるのです。

注意する時は早口や強い口調でしてはいけません。
そうするといくら自分が間違っていたことがわかっているお客様でも、反発心を感じてしまうのです。
それでは素直に注意を受け入れることはできなくなります。

もしあなたがみんなの前で叱られたら嫌ですし恥ずかしいですよね。
お客様の気持ちも察してあげましょう。

お店のスタッフが心がけるのは注意することではありません。
して欲しくないことやマナーをきちんとお客様に事前に伝える努力なんです。

立ち読みをやめさせたいなら「立ち読み禁止」の張り紙を
大きな声での会話をして欲しくないのならそのことをお客がわかるようにしてあげることなんです。
そうすればわざわざ店員側もお役側も不快な思いをして注意したり注意されたりすることgはなくなります。

腰痛 マットレス 治った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です