難しい仕事でも「私にやらせてください」という勇気

まだ自分のそれだけのスキルなど無いかも?
そんな不安があっても
「その仕事、私癒らせて苦yダサい」
と勇気をもって手を挙げることができるだろうか?

「失敗したらカッコ悪い」
「周りに迷惑をかけるかも?」
そんな考えでは泣かなk成長できあs面。

結果の責任は上司がおうのが当たり前です。
できるか?できないか?
それを見極めるのが上司の仕事でもあるのでし。
失礼ながら、もしあなたもその仕事を遂行できる能力やスキルが無かったら・・・
安心してください。
きっと上司はその仕事をあなたには任せてはくれないはずです。

今まで日本の企業は、
「出る杭は打たれる」
よいう不調もあったように思いますが
今は
「出る杭、大歓迎」
の時代に大きく変わってきています。
そうでもしないと企業の存続自体すら危ない時代だからです。

残念ながら日本の大学では、実践的なことは教えてはくれません。
欧米ならビジネススクールに行き、実践的なことを学び、そこで
・基礎的鵜なビジネス知識
・スキル
を学んでから会社で働くのですが残念ながら日本の大学ではそういう仕組みはまだありません。
いままでの日本の大学は、会社で役に立つ実践的な知識などは教えてはくれなかったのです。
それは会社側の役割でもありました。
なにもスキルのない新卒を雇って自前で育てて行っていたのです。
しかし、世界を相手にしなければいけない今
どんどん世界の仕組みの変化が激しい今
会社にそれだけの余裕はないのです。
今まであれほど嫌っていた中途採用を多くの大企業でも積極的に採用しているのです。

ですから、会社に入ってからでも自らが自分のスキルとどんど投げていく気概がないとひょっとしたらリストラの対象になる可能性だったあるのでsづ。

だからこそ、道ぶにゃの仕事なども積極的に自分から手を挙げて行って、そこから自分のスキルの向上を目指さなければなりあm線。
会社やh上司が言われたことだけをしていくことだけでは、会社にとってさほど重要な社員ではないのですからね。
腕時計 レンタル 貸す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です