Monthly Archives: 7月 2021

やりくりもいろいろ!でも無理はダメ

「お金の管理」というやりくり
たとえ少なくても入ってきたお金の中で豊かな生活を送るためには必須のことです。
でも、「やりくり」と聞くとほとんどの人が「節約」と関hが得ることでしょう。
しかし、「やりくり」で一番重要なのは「予算内に抑える」ことではないでしょうか。
もちろん「節約」もとても重要な「やりくり」ですが、ぜひ「予算内に抑える」よいう「やりくり」にも目を向けてください。

時にはいくら「やりくり」を頑張っても赤字になることもあります。
でも、それはそれで仕方のないことなので、変異落ち込むことはありません。
その赤字は翌月埋めればいいだけなんです。
それが無理なら翌々月にでもかまいません。

しかし、毎月赤字が続くようなら生活スタイルを見直さなければなりません。
予算縦に何か無理はありませんか?
余裕のある予算を立てることが「やりくり」の肝なのです。
そのためにはやはり家計簿をつけることが必要になるでしょう。
どこに無理があるのか?
それを見極めるには家計簿が有効です。

自分が
「なにあに?」
「いくら?」
使ているのかは家計簿でしか分析できません。
家計簿は
・予算
・支出の記録
・残高
を書き込んでいきます。
まずは
入ってきたお金
使ったお金
残ったお金
から把握していきましょう。

もしかしたら、家計簿って結婚してからのものと考えていませんか?
実はそんなことは全然ありません。
むしうろ独身時代から家計簿はつけるべきなのです。
家族がいるファミリーと違って、シングルならつける家計簿はすごくシンプルになります。
家族のいるファミリーなら家計簿をつける項目は他修羅歳で大変です。
子供の教育費
家族の食費
医療費
人数が多い分、家計簿を付けるのも大変です。
それにくらべてシングルの独身時代なら、自分だけですから家計簿を付けるのはかなり楽なのです。
独身のシングルの状態でも家計簿をつけられないなら。、結婚して家族が出来てからでも無理なことになります。
さあ、今からでも遅くはありません。
家計簿をつけることにチャレンジしてみませんか?
クレジットカード サイン 適当

お客に注意する時は笑顔でやらなければならない

お客様は神様です
そんなことを言っていた日本の代表的歌手がいましたよね。
でも、傍若無人な態度をとるお客には、いくらお客様と言えdもきちんと注意しなければなりません。
例えば
本屋さんで立ち読みを続けるお客さん
大きな声で会話するお客さん
などなどマナーを守らないお客もいます。

そんな時でも注意する時は笑顔を忘れてはいけません。

「すみません。
大きな声での会話は控えてください!」
ピシャリとキツイい方で注意してしまうとそのお客は2度と来なくなるでしょう。
確かに悪いのはお客のほうなのですが、そこには注意のやり方がある糖ものです。

「別にいいじゃん、そんなに込んでいるわけじゃないし・・・」
という表情でそそくさと出て行ってしまうでしょう。
店員の
「私はあなたの態度に起こっています」
という素振りをあからさまに示されたら誰だって気分の良いものではありません。
そこでお客に注意する時には次の3つを心がて欲しいのです。
①ニコニコした笑顔で
②穏やかな口調で
③周囲の他のお客にわからないように
子の3つです。

ニコニコしながら笑顔で注意すると、相手にも優しい印象でメッセージが伝わります。
お客様からすれば素直に注意を受け入れることができるのです。

注意する時は早口や強い口調でしてはいけません。
そうするといくら自分が間違っていたことがわかっているお客様でも、反発心を感じてしまうのです。
それでは素直に注意を受け入れることはできなくなります。

もしあなたがみんなの前で叱られたら嫌ですし恥ずかしいですよね。
お客様の気持ちも察してあげましょう。

お店のスタッフが心がけるのは注意することではありません。
して欲しくないことやマナーをきちんとお客様に事前に伝える努力なんです。

立ち読みをやめさせたいなら「立ち読み禁止」の張り紙を
大きな声での会話をして欲しくないのならそのことをお客がわかるようにしてあげることなんです。
そうすればわざわざ店員側もお役側も不快な思いをして注意したり注意されたりすることgはなくなります。
腰痛 マットレス 治った

子供の夢を実現させるためには目標を書かせなさい

受験に奇跡は置きあm線。
「受かる子供」は試験前にわかるものです。
「うちの子だけで・・・」
親バカな気持ちは理解できるんもですが、受験でそうそう奇跡は置きあm線。
合格不合格の結果は、非常なまでに模擬テストの結果通りのことがほとんどです。
模擬テストで志望校の合意ラインの偏差値を一度もとったことがない子供が、実際に試験で受かる可能性は限りなく低いのです。
この厳しい現実を、子供よりも親のほうが受け入れていないケースも少なくありません。

受験生の子どm、尾を持つ親はこのことを受け入れなくてはいけません。
それを受け入れれば子供に毎日の勉強の仕方を教えることが出来るでしょう。
模擬テストの結果は毎日の勉強の積み重ねの結果です。
厳しいですがそれが今の子供の実力なのです。
当たり前ですが、毎日の勉強を積み重ねてきた子供だけが志望校合格という結果を得られるのです。

日々の勉強ににおいて重要なのが【目標設定】です。
目標設定ができていなければ、それを手に入れることはできません。
目標を設定してして初めて、しれぶむかってのい意欲と行動が生まれます。
元気のない子供
やる気のない子供
彼らには明確な目標がないことが多いのです。
目標を明確にして、子供に言い方は悪いですが欲望の炎を燃やしてあげましょう。
「欲望の地から」
それが「意志の力」にもなるのです。

しかし、目標の設定を間違えるとうまくいきません。
毎回特定の教科だけ良い偏差値をとっていても、いずれかの教科で死っぽいしていませんか?
模擬試験に向けて偏差値の低かった強化を中心に勉強した結果、そ祖の教科の偏差値が上がるのはある意味当然の結果です。
むしろその苦手教科克服のために勉強したことが、得意教科の偏差値が下がっては元も子もないのです。
これは、もともとの実力になっていないからそんなことが起こるのです。
特定の教科で志望校の偏差値をクリアしているからといって、本番の入試では全教科がうまく必要以上の偏差値をたたき出すことはないのです。

子供以上に親が冷静な分析をpしなければならないのです。
ソラノメ 口コミ