Author Archives: Seberg

スカルプシャンプーもおしゃれがいいよね

スカルプシャンプー『ドラスティカ』をご存じですか?

Jリーガーたちが愛用しているとの噂がある、やたら色気のある赤いボトルのスカルプシャンプーなんですが、成分も40種とかいちいちあげていたらキリがないほどに使っているシャンプーです。

香りはダージリンティーのノートに、スパイシーなムスクも融合しているというスカルプシャンプーにしては結構独創性の高いチョイス。

女の子にモテモテのサッカー選手たちが愛用するのもなんとなくわかります。

やっぱ、カッコイイ男は自身のカラダのケアは欠かしませんし、同時におしゃれであることにも妥協しません。

それは、ケアに使うアイテムにさえも及びます。

だから、ここまでボトルも色っぽい感じに設計されたのでしょう。

なんというか、カッコいい男たちがシャワーのしぶきの中でこのボトルを持っているだけで色っぽい……そんな感じなんですよね。

でも、スカルプシャンプーなのでもちろん髪のケア・頭髪のケアの性能にも妥協されていません。

髪や頭皮の環境を正常な状態に保ち、髪や頭皮へのやさしさを保ちながら、必要十分な洗浄力を持つ──そんな設計になっています。

洗ったあとのさっぱり感も最高にいいので、やはりJリーガーたちが愛用するようにスポーティーでカッコいい男に似合うシャンプーだと思います。

もし貴方が最近髪や頭皮にお悩みを抱えていて、なにかの対策を講じたいとお考えならば、ドラスティカを使ってみませんか?

お悩みを解決しつつ、使っているだけでさりげなく男の色気も漂いだすとか最高じゃないですか。

そんなドラスティカですが、いざ買おうと思ってもなかなか見つからないなんてこともあるかもしれません。

少なくとも、私はドラッグストアなどで見かけたことがありませんので。

通販サイトならAmazonやYahooあたりなら取り扱っています。

でも、公式サイトの定期コースがめっちゃお得なので、公式サイトへのリンクが設置された記事リンクを用意しておきますから、そこから是非お得にゲットしてくださいね。

ドラスティカ シャンプー 最安値

おすすめの炭酸パック

炭酸パックと言うとやっぱり真っ先に頭に思い浮かぶのはエステです。

実際にその後の美容液の入り方とかが変わって効果絶大で、やった後は「おぉ?!」とか思ってそのイメージが残っているという感じです。

貴女もそんな感じではありませんか?

ところが、このイメージで市販されている炭酸パックを買ってきて使うと「なんか違う……」ということになってしまいがちです。

まったく効果なしとまでは言わないけれど、エステの炭酸パックの使用後のイメージとはだいぶ差がある……。

そう思ってしまう訳です。

これはなぜかというととても簡単な話で、単純に『炭酸パックの炭酸濃度が低いから』なんです。

炭酸の美容効果は長い間学術的にはほとんど進んでいない状態だったのですが、近年になって花王などからポツポツと論文などが出るようになってきています。

そのなかで、試験結果を踏まえたうえで炭酸の有効性が示されてきています。

なので、炭酸パックは間違いなくお肌に有用なアイテムなのです。効果も期待できます。

ただし……です。

これには注釈があって、『高濃度の炭酸を使用すると』が頭につきます。

そうです。

テストは『高濃度の炭酸を使用して』行われており、その結果として『効果あり』の結果が出ているのです。

比較してみると……エステなどの炭酸は確かに高濃度で、市販の炭酸パックでは炭酸は出ているけどそこまでの効能ではないということもわかります。

つまり、エステで炭酸パックをしたときは感動したのに、市販の炭酸パックを使うって見ても首をかしげることになるのは、ここに原因があります。

市販の炭酸パックは効果を実感するには低濃度すぎるのです。

逆に言うと、『高濃度の炭酸パック』を使えば家でも満足のいく炭酸パックができるということでもあります。

しかし、エステ並みの高濃度炭酸パックというと限られてきます。そう言われても思いつかないという方もかなり多いでしょう。

そこで、実際に口コミサイトなどで非常に高い評価を得ている高濃度炭酸パックを1つご紹介しておきます。

参考にしてみてくださいね。

17skin イチナナスキン 高濃度炭酸パック 販売店 最安値

勉強で前向きになるメカニズム

勉強にかぎらず、ひとが前向きになれる要素の一つに『得意なことをやる』というものがあります。

少し考えるとわかりますが、なにをやろうとしても『あれがわからない』『これがわからない』ではどんなに強い意志の持ち主でもだんだん気力がそがれてくるものです。

そこまで強い意志を持っていない人だったり、やろうと思っていなかった場合はどうなるでしょうか。

当然、『やらなくなります』。

実はこれ、子どもが『勉強嫌い』になるメカニズムの1つだったりします。

『あれもこれもわからない』→『わからないから、やらない』→『やらないから、どんどんわからないことが増えてもっとわからなくなる』→『勉強が嫌いになる』

です。

そして、ここからが本題です。

こうなるならば、『子どもを勉強に前向きにさせる』のに一番手っ取り早い方法はなんでしょうか。

もちろん、どこから『わからない』のかをきちんと認識させることです。

しかし、これを子どもに『自分やれ』と言ってもできません。

それができるならば、そもそも勉強がわからなくなってなどいませんから、口で言うほど『勉強嫌い』にもなっていません。

そこでおすすめしたいのが家庭教師です。

もちろん家庭教師ならなんでもいいというものではなく、きちんと『勉強のやり方がわかっている』家庭教師に依頼するのが一番手っ取り早いです。

いまだと、そういう指導方針を打ち立てている家庭教師サービスもあるので、そういうところの家庭教師を使うのが本当におすすめです。

受験で『勝つ』ことが目的であればまた別の考え方も必要になってきますが、それらの話をするにしてもまず前提になるのが『勉強のやり方は知っている』ことです。

もし『勉強のやり方』を知らないというならば、学習で競って『勝つ』ことが目的である受験の対策の話をすることなどできません。

まずは本来の意味の『学習』をきちんと自力で修められる力が必要です。

そして、それがいわゆる義務教育過程における『勉強』です。

なので、『勉強嫌いな子』に勉強させたいならば、まず子どもが『勉強する気になる環境』を作ってやる必要があります。

今回お話ししたの他にも『動機付け』や『喜び体験』なども有効ではありますが、勉強嫌いの改善を目指すならば『原因を改善してやる』ことは絶対に必要になるので、まずはここから手を付けるといいと思います。

家庭教師のガンバ

害獣駆除は素人にもできるのか?

結論から言うと、『絶対』無理です。

というか、やってはいけないし、やるのも危険だし、そもそもやれないし……。

という、完全なムリゲーが『素人の害獣駆除』です。

まず、大前提として……

生きている動物を自分の手で殺したことのある人っていますか?

もちろん、ゼロではないのはわかっています。

でも、非常に少ないでしょう。

害獣駆除でうまく追い出しができればいいですが、もし捕まえた場合は次は『処分』です。

『処分』というと耳障りが良いですが、ようは自分で殺して死体を合法的にきちんと処分するところまでの作業が待っています。

これが抵抗なく出来る人も、また少ないのです。

そして、動物は想像以上にかしこいです。動物に関する知識のない素人が動物の習性などを利用せずに動物を捕獲するのは困難を極めるでしょう。

まず、成功しません。できたとしたら、まさに『偶然』です。

それに害獣を駆除しなくてはいけない状態というのは、多くの方にとっては自宅に害獣が住みついてしまったときだと思います。

ということは、住みついてしまった動物によってフンなどで汚されてしまった場所を清掃しないといけないですし、ダニやノミの発生の心配や寄生虫や細菌の心配も出てきますので殺菌消毒も必要にあります。

すでに侵入してきたということは侵入路も特定して塞がなくてはいけません。

住みついた動物によって家屋が傷つけられていたり、糞尿で腐食したりしていたら修繕も必要になります。

これが素人に対応できる作業でしょうか。無理です。だから、『やれない』。

動物は人間と比べると、恐ろしく身体能力が高いです。速さなどは、まず勝負になりません。

つまり、捕獲時に反撃されればなにがしかのケガを負う可能性が非常に高くなります。

そして、自然の動物は菌をたくさん持っています。噛まれたりひっかかれたりの直接的なケガももちろん注意したいですが、そこで感染する可能性のある菌が本当に怖いです。

わりと誇張表現ではなく、命に係わるものを普通に持っていたりします。

だから、『危険』。

そして、根本的な問題としてどんなに被害が出ていようとも、日本では動物の捕獲には免許や許可が必要になります。

例外は『家ネズミ』くらいです。だから、『やってはいけない』。

家ネズミだって、やっていけなくはないけどやったら後始末が大変なのはすでに説明した通りです。

だから、もし害獣被害だと思っても、決して自分で駆除しようと思ってはいけません。

ムリゲーなのです。

害獣駆除 ハウスプロテクト

デコルテの美の歴史

デコルテの語源はローブデコルテ。

これは18世紀フランスが発祥と呼ばれている女性の超フォーマルだ。ネックラインが深く開かれていて胸元も背中も見せて、極めて優美ながらも女性美を強調するというイブニングドレス。

正直、これは神がかったファッションだと思う。

フォーマルながらも女性の色香も感じずにはいられない。優美でありながらも蠱惑的。

人類史上でもまさに神がかったバランスを持った女性のファッションだと思う。

実際、ただの妄想ではなくローブデコルテは女性がその肉体美を見せつけるという面を持っていたのも事実だそうだ。西洋の女性礼装でもっとも格式の高いものとされていながらそれなのだから、おそれいる。

そんなローブデコルテを語源としているのが、デコルテだ。

デコルテは、フランス語で『襟ぐりの深い』という意味の形容詞である。

それが転じてファッション用語となり、今では『首元まわりから胸の谷間までの広い部分全部』をデコルテと呼ぶようになった。

ただ、『胸の谷間から胸上部あたりまで』をデコルテだと思っている人が割と多く、これは間違いだ。

それは、デコルテの一部である。

本当は『うなじ』もデコルテの一部なのである。

これは、よく考えてみるとわかることで、デコルテの美しさは『胸の谷間』だけでは成立しない。

デコルテラインと呼ばれる首筋から胸元まで──デコルテの全域からくるバランスとその全域の美によって成立するものである。

考えてみてほしい。

胸元がきれいでも、その上にある首回りの手入れが不十分だった場合、それを美しいと言えるのかという話だ。

やはり、デコルテそのものも総合美なのだ。

他人に対面したときに必ず相手が見るものは顔である。顔を見れば、当然視界の中にデコルテも入る。

だからデコルテもきちんとケアしていきましょうという話なのだが、そのデコルテの美しさ自体もまた総合美と言えるのです。

デコルテという言葉の語源を探るだけでも、「そもそもそういうものである」と言うことがわかってくる。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という。

デコルテの話に関しても、これは同じことが言えそうだ。

そんなデコルテを専門にケアできるアイテムを1つ紹介しておこうと思う。

興味のある人は、ぜひこちらのリンク先の記事も読んでみてほしい。

ハーリス ネックシートマスク

ピンポイントケアアイテムの便利さ

みなさん、ピンポイントケアというとどういうものをイメージしますか?

気になる箇所への美容液の重ねづけでしょうか?

エステやクリニックでの部分ケアでしょうか?

個人で行うならば、気になる箇所への美容液や美容クリームの重ねづけが主だと思います。

そして、これを行うためのアイテムとして『アイクリーム』というものがありますよね。

要は、集中ケアをしたい人が多い目元のシワをケアするために専用の名前を付けて販売されているわけです。

ただこのアイクリームですが、昨今のスキンケアアイテムの多機能化の流れのせいか、ほぼ『部分クリーム』と言っていいようなものになってきています。

たとえば、今日ご紹介しようと思っている『薬用ターゲットショット』。

(下記記事に『薬用ターゲットショット』の詳しい特徴などが記載されています)
リンク:『薬用ターゲットショット

これなどはもう部分クリームと言える代物で、目元だけに限定されず、首元やほうれい線など、気になるところには全部使える多目的アンチエイジングアイテムです。

ビューティクレンジングバームや超高濃度卵殻膜美容液ビューティーオープナーなど超人気アイテムを次々に出しているオージオが最近リリースしたばかりのアイクリームで、性能から見てもすでに獲得しているオージオファンの数からいっても、このアイテムも人気沸騰しそうな予感がひしひしとしています。

薬用ターゲットショットは薬用と名前がついている通り医薬部外品です。

薬効成分としては『ナイシンアミド』と『グリチルリチン酸2K』が配合されています。

ここからも『しわ改善』『美白効果』『抗炎症効果』は保証されているので、要するにエイジングケアがバッチリとなっています。

それ以外にも壊れやすい配合美容成分『レチノール(ビタミンA油)』『ビタミンC』『コラーゲン』を独自技術でカプセル化して、肌に触れた瞬間に溶けだすように工夫をしていたりと、美容成分がただ配合されているだけに留まらず、届けたい場所にすみやかに届ける工夫もされています。

そういうアイテムを、気になる箇所に使えばより満足のいくスキンケアが行えるようになるでしょう。

ですので、こういった多機能多目的で使いまわせるようになった最近の部分ケア用アイテムを常備しておくと、鏡を見て何かを感じたときにサッと使えて便利です。