デコルテの美の歴史

デコルテの語源はローブデコルテ。

これは18世紀フランスが発祥と呼ばれている女性の超フォーマルだ。ネックラインが深く開かれていて胸元も背中も見せて、極めて優美ながらも女性美を強調するというイブニングドレス。

正直、これは神がかったファッションだと思う。

フォーマルながらも女性の色香も感じずにはいられない。優美でありながらも蠱惑的。

人類史上でもまさに神がかったバランスを持った女性のファッションだと思う。

実際、ただの妄想ではなくローブデコルテは女性がその肉体美を見せつけるという面を持っていたのも事実だそうだ。西洋の女性礼装でもっとも格式の高いものとされていながらそれなのだから、おそれいる。

そんなローブデコルテを語源としているのが、デコルテだ。

デコルテは、フランス語で『襟ぐりの深い』という意味の形容詞である。

それが転じてファッション用語となり、今では『首元まわりから胸の谷間までの広い部分全部』をデコルテと呼ぶようになった。

ただ、『胸の谷間から胸上部あたりまで』をデコルテだと思っている人が割と多く、これは間違いだ。

それは、デコルテの一部である。

本当は『うなじ』もデコルテの一部なのである。

これは、よく考えてみるとわかることで、デコルテの美しさは『胸の谷間』だけでは成立しない。

デコルテラインと呼ばれる首筋から胸元まで──デコルテの全域からくるバランスとその全域の美によって成立するものである。

考えてみてほしい。

胸元がきれいでも、その上にある首回りの手入れが不十分だった場合、それを美しいと言えるのかという話だ。

やはり、デコルテそのものも総合美なのだ。

他人に対面したときに必ず相手が見るものは顔である。顔を見れば、当然視界の中にデコルテも入る。

だからデコルテもきちんとケアしていきましょうという話なのだが、そのデコルテの美しさ自体もまた総合美と言えるのです。

デコルテという言葉の語源を探るだけでも、「そもそもそういうものである」と言うことがわかってくる。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という。

デコルテの話に関しても、これは同じことが言えそうだ。

そんなデコルテを専門にケアできるアイテムを1つ紹介しておこうと思う。

興味のある人は、ぜひこちらのリンク先の記事も読んでみてほしい。

ハーリス ネックシートマスク

子供の夢を実現させるためには目標を書かせなさい

受験に奇跡は置きあm線。
「受かる子供」は試験前にわかるものです。
「うちの子だけで・・・」
親バカな気持ちは理解できるんもですが、受験でそうそう奇跡は置きあm線。
合格不合格の結果は、非常なまでに模擬テストの結果通りのことがほとんどです。
模擬テストで志望校の合意ラインの偏差値を一度もとったことがない子供が、実際に試験で受かる可能性は限りなく低いのです。
この厳しい現実を、子供よりも親のほうが受け入れていないケースも少なくありません。

受験生の子どm、尾を持つ親はこのことを受け入れなくてはいけません。
それを受け入れれば子供に毎日の勉強の仕方を教えることが出来るでしょう。
模擬テストの結果は毎日の勉強の積み重ねの結果です。
厳しいですがそれが今の子供の実力なのです。
当たり前ですが、毎日の勉強を積み重ねてきた子供だけが志望校合格という結果を得られるのです。

日々の勉強ににおいて重要なのが【目標設定】です。
目標設定ができていなければ、それを手に入れることはできません。
目標を設定してして初めて、しれぶむかってのい意欲と行動が生まれます。
元気のない子供
やる気のない子供
彼らには明確な目標がないことが多いのです。
目標を明確にして、子供に言い方は悪いですが欲望の炎を燃やしてあげましょう。
「欲望の地から」
それが「意志の力」にもなるのです。

しかし、目標の設定を間違えるとうまくいきません。
毎回特定の教科だけ良い偏差値をとっていても、いずれかの教科で死っぽいしていませんか?
模擬試験に向けて偏差値の低かった強化を中心に勉強した結果、そ祖の教科の偏差値が上がるのはある意味当然の結果です。
むしろその苦手教科克服のために勉強したことが、得意教科の偏差値が下がっては元も子もないのです。
これは、もともとの実力になっていないからそんなことが起こるのです。
特定の教科で志望校の偏差値をクリアしているからといって、本番の入試では全教科がうまく必要以上の偏差値をたたき出すことはないのです。

子供以上に親が冷静な分析をpしなければならないのです。
ソラノメ 口コミ

ピンポイントケアアイテムの便利さ

みなさん、ピンポイントケアというとどういうものをイメージしますか?

気になる箇所への美容液の重ねづけでしょうか?

エステやクリニックでの部分ケアでしょうか?

個人で行うならば、気になる箇所への美容液や美容クリームの重ねづけが主だと思います。

そして、これを行うためのアイテムとして『アイクリーム』というものがありますよね。

要は、集中ケアをしたい人が多い目元のシワをケアするために専用の名前を付けて販売されているわけです。

ただこのアイクリームですが、昨今のスキンケアアイテムの多機能化の流れのせいか、ほぼ『部分クリーム』と言っていいようなものになってきています。

たとえば、今日ご紹介しようと思っている『薬用ターゲットショット』。

(下記記事に『薬用ターゲットショット』の詳しい特徴などが記載されています)
リンク:『薬用ターゲットショット

これなどはもう部分クリームと言える代物で、目元だけに限定されず、首元やほうれい線など、気になるところには全部使える多目的アンチエイジングアイテムです。

ビューティクレンジングバームや超高濃度卵殻膜美容液ビューティーオープナーなど超人気アイテムを次々に出しているオージオが最近リリースしたばかりのアイクリームで、性能から見てもすでに獲得しているオージオファンの数からいっても、このアイテムも人気沸騰しそうな予感がひしひしとしています。

薬用ターゲットショットは薬用と名前がついている通り医薬部外品です。

薬効成分としては『ナイシンアミド』と『グリチルリチン酸2K』が配合されています。

ここからも『しわ改善』『美白効果』『抗炎症効果』は保証されているので、要するにエイジングケアがバッチリとなっています。

それ以外にも壊れやすい配合美容成分『レチノール(ビタミンA油)』『ビタミンC』『コラーゲン』を独自技術でカプセル化して、肌に触れた瞬間に溶けだすように工夫をしていたりと、美容成分がただ配合されているだけに留まらず、届けたい場所にすみやかに届ける工夫もされています。

そういうアイテムを、気になる箇所に使えばより満足のいくスキンケアが行えるようになるでしょう。

ですので、こういった多機能多目的で使いまわせるようになった最近の部分ケア用アイテムを常備しておくと、鏡を見て何かを感じたときにサッと使えて便利です。