高血圧は実は非常に危険の伴う病気なのです。高血圧に効く薬は様々あり、流通していますが、オルメテックという医薬品はご存知でしょうか?オルメテックという医薬品についてご紹介いたします。

  • ホーム
  • オルメテックと危険な飲み合わせはある?

オルメテックと危険な飲み合わせはある?

血圧測定

オルメテックには併用禁忌とされる薬はありませんが、併用注意とされる薬が多数あります。
オルメテックは血圧を下げる薬ですから別の血圧降下薬や利尿薬を飲み合わせすると血圧の下がりすぎが起こる可能性があります。
また利尿薬を服用中にオルメテックに変更すると思いのほか血圧が低下するため少量から始めることが大事です。
血圧降下薬のアリスキレンと併用する場合には腎障害、高カリウム血症、低血圧が発現するため十分に注意が必要です。
重い腎臓病や糖尿病では併用することで副作用が強く出る危険があるため使用は勧められません。

カリウム補給薬のスローケーやエプレレノン、スピロノラクトンなどのカリウム保持性高圧利尿剤(抗アルドステロン薬)と併用する場合には血液中のカリウムの増えすぎに注意する必要があります。
高カリウム血症を起こす飲み合わせとしては、降圧薬のACE阻害薬、月経困難症治療薬のドロスピレノン・エチニルエストラジオール(ヤーズ)、免疫抑制薬のシクロスポリンなどがあります。
気分安定剤のリチウム(リーマス)は血中濃度が上昇してリチウム中毒を起こす場合があり注意が必要ですし、抗炎症・鎮痛薬との併用は降圧作用が弱まる可能性があるので注意が必要です。
飲酒も副作用が出やすくなるのでめまいや立ちくらみといった症状がでやすくなります。

オルメテックの副作用としては、身体のだるさ、めまい感、頭痛などがあります。
これらは慣れていきますが、ひどい場合には医師に早めに相談して対策することが大事です。
また腎臓が悪い場合には腎機能を一時的に低下させることがありますし、また高カリウム血症にも注意が必要で、このためオルメテックは定期的な血液検査を行い異常がないか確認しながら使用することが必要になります。
めったにないですが重い副作用としては、過度の血圧低下、ショックやアナフィラキシー様症状、血管浮腫、腎不全、高カリウム血症、肝臓の重い症状、血小板減少、低血糖、横紋筋融解症、重度の下痢などです。
ショックやアナフィラキシー様症状、横紋筋融解症によって身体が痺れるといった症状が現れる場合があります。

オルメテックの副作用で身体が痺れた!どうすればいい

オルメテックは命の危険が生じるほどの危険な飲み合わせがありませんが、注意しなければならないものがたくさんあります。
飲み合わせによっては副作用が出やすくなるため、服用中の薬については市販薬も含めて医師に報告する必要があるでしょう。

オルメテックをはじめとした降圧剤の一番のリスクは血圧を下げ過ぎるということです。
つまり主な作用である血圧を下げる作用が行き過ぎて、副作用に転じるケースが危険な症状につながるといえるでしょう。
めまいやふらつき、手足をはじめとした身体の痺れ、ひどいときには転倒したり、さらには失神に至るケースもあり、長時間脳に血が回らなければ認知能力が低下することも考えられます。

現在日本で主に処方されている降圧剤が、ARBという薬でその代表的な銘柄にオルメテックがあります。
副作用が少ないと思い気軽に服用している人もいるかもしれませんが、血糖値と同じように血圧も下げ過ぎると危険な症状につながる恐れもあるでしょう。
とりわけ高齢者の血圧が下がりすぎて、倒れて骨折する恐れもあるため、特に夏場の脱水症状に陥りやすいときには、利尿剤を併用するときには注意が必要です。

カリウムを体にため込むことがあり、高カリウム血症に陥ると、痺れ感や嘔吐、不整脈などが生じることがあり、場合によっては命にかかわる危険があります。
特に飲み始めに関してはめまいや立ちくらみを起こしやすいと言われているので、急に立ち上がらずにゆっくりと動作するように気をつけましょう。

これらの症状については少しずつ慣れてくることが多く、それほど心配のいるものではありません。
しかし自分の判断で薬を使い続けるなどせずに、ひどいときには早めに医師に相談するようにしましょう。

関連記事
  • 血圧測定機
    糖尿病の症状と原因 糖尿病という名前はかなり社会に浸透していますので成人のほとんどの人は知っているはずです。 ですが、正... 2018年09月14日
  • たくさんの薬
    若年性高血圧と更年期高血圧の違いとは 高血圧の人は若い人ほど少なく、高齢になるにつれて増えていく傾向があります。 このような割合になるのは... 2018年08月10日
  • 血圧を測定する医者
    頻尿の症状と原因 折角夜眠っても、数時間後に起き出してしまうことになり、熟睡した気がしないとか、観劇などに出かけても、... 2018年08月28日
最近の投稿
人気記事一覧
サイト内検索