高血圧は実は非常に危険の伴う病気なのです。高血圧に効く薬は様々あり、流通していますが、オルメテックという医薬品はご存知でしょうか?オルメテックという医薬品についてご紹介いたします。

ノルバスクの効果効能とは

ノルバスクの効果効能の働きとして主に高い血圧の症状や狭心症の治療が一般的です。
この高い血圧の症状や狭心症の治療にノルバスクが使用される理由はノルバスクがカルシウム拮抗剤であるからです。
カルシウム拮抗剤は取り入れられることで細胞内にカルシウが流入するのを減少させる働きを行ってくれます。
流入の減少により末梢血管や冠血管を有効に弛緩させることができそれにより高い血圧の症状である血圧の上昇の問題の改善が期待でき、血圧を下げる効果を得ることができます。
同様に狭心症の症状である発作の頻度を抑えることに効果的になるのです。
一般の名前はアムロジピンベシル酸塩といいます。

ノルバスクを成人へ投与する場合、高い血圧の症状や狭心症の症状に用いる場合の投与には違いが見られます。
たとえば高い血圧の症状であり成人の場合はアムロジピンは2.5ミリグラムから5ミリグラムを1日1回経口投与で行います。
常にこの投与量ではなく思うような効果が出ない場合は1日1回10ミリグラムまで増やすことが可能となります。
また個人の症状により減らしたり、増やしたりの調整をおこないます。
狭心症の成人の場合はアムロジピン経口投与が1日1回の5ミリグラムです。
これも症状の状態により増減されます。
なお子供への投与量は成人とまた異なることを把握する必要があります。

正しい用法用量でノルバスクを使用することが効果効能を最大限に引き出すためにも大切です。
事前に副作用の有無やその副作用の症状についても十分に理解してから用いることが重要になってきます。
お薬によってはグレープフルーツジュースなどと一緒に飲むことでその効果効能に影響があるものも存在しますので相性の悪い組み合わせにも注意してください。
基本的に水やぬるま湯でお薬を飲むように心がけてください。
しっかりと決められた正しい飲み方と服用量がノルバスクの使用にあたり心がけることです。
また妊娠や授乳中の方は使用前に医師に相談する必要も出てきます。
ノルバスクの働きの大きな特徴はゆっくりと働くタイプであることも理解しておくと良いです。

ノルバスクとグレープフルーツの相性の悪さとは

カルシウム拮抗薬の中でも特に効能に優れ副作用も起こりにくいとされるノルバスクは、効果的に血圧を下げて1日1回の服用で作用が24時間以上持続する上、薬価が安いというメリットもあります。
作用メカニズムの違いによっていくつか系統がある降圧剤の中でも血圧を下げる効果が高く、副作用の心配も少ないとされるカルシウム拮抗薬です。
しかし、飲み合わせの悪い薬があるほか特に注意すべきなのがグレープフルーツと共に摂取することが不可とされている点です。

血圧の薬とグレープフルーツは相性が悪く、グレープフルーツジュースで薬を飲んだりすると非常に危険という話はよく耳にします。
すべての降圧剤と相性が悪いわけではなく飲み合わせで副作用が出るのはカルシウム拮抗薬に属する薬です。
グレープフルーツに含まれるフラノクマリン類という成分がカルシウム拮抗薬を分解する酵素の働きを阻害します。
薬効が弱まらず作用が強く出過ぎてしまい血圧が必要以上に低下して心拍数が増加し、頭痛やめまいといった副作用が起こります。

カルシウム拮抗薬との相性が悪いのはグレープフルーツだけではなく、スウィーティーやはっさく、いよかんなども含まれ、同じ柑橘類でも温州みかんやオレンジ、レモンなどは一緒に摂っても問題は無いと言われます。
グレープフルーツの阻害作用は長く続くため、薬を飲んでから3時間ほど経てば薬効は吸収済みとなるため摂っても大丈夫とされています。
しかし先にグレープフルーツを摂取してしまうとその後10数時間はカルシウム拮抗薬の服用は不可となってしまいます。

カルシウム拮抗薬の中でも代表格とされるノルバスクも当然グレープフルーツとの相性が悪いことになりますが、意外にもそれほど強い影響は受けないと言われています。
それでも他のカルシウム拮抗薬同様、ノルバスク服用中の同時摂取は控えるべきとされており、基本的にカルシウム拮抗薬とグレープフルーツは相性が悪いと考えておくほうが安心です。
グレープフルーツに限らず薬はジュースで飲み込んだりせず、水かぬるめの白湯で服用することが推奨されています。

関連記事
  • 血圧測定
    オルメテックと危険な飲み合わせはある? オルメテックには併用禁忌とされる薬はありませんが、併用注意とされる薬が多数あります。 オルメテックは... 2018年07月27日
  • たくさんの薬
    若年性高血圧と更年期高血圧の違いとは 高血圧の人は若い人ほど少なく、高齢になるにつれて増えていく傾向があります。 このような割合になるのは... 2018年08月10日
  • 血圧を測定する医者
    頻尿の症状と原因 折角夜眠っても、数時間後に起き出してしまうことになり、熟睡した気がしないとか、観劇などに出かけても、... 2018年08月28日
  • 血圧測定機
    糖尿病の症状と原因 糖尿病という名前はかなり社会に浸透していますので成人のほとんどの人は知っているはずです。 ですが、正... 2018年09月14日
  • アダラートという医薬品の添付文書 アダラートは医療機関で処方される医薬品として使用されています。 そのため、効果の他に副作用や投与方法... 2018年10月04日