高血圧は実は非常に危険の伴う病気なのです。高血圧に効く薬は様々あり、流通していますが、オルメテックという医薬品はご存知でしょうか?オルメテックという医薬品についてご紹介いたします。

  • ホーム
  • ミカルディスの成分とその効果

ミカルディスの成分とその効果

ミカルディスは有効成分テルミサルタンの働きによってRAA系と呼ばれる人体の血圧を上げる作用を途中で阻害することで降圧効果を発揮する、ARBことアンジオテンシンII受容体拮抗薬という系統に属する薬です。
ミカルディスは血圧を効果的に下げるほか、心臓や腎臓の組織が血圧上昇の影響で起こりやすくなる機能低下から防ぐ効能も持っています。
作用時間が長いことから1日1回の服用で24時間効き目が持続するという利点もあります。

ミカルディスをはじめARBに属する薬は、ACE阻害薬という系統の薬と同じくRAA系の働きを阻害して降圧作用をもたらします。
ACE阻害薬で生じることがある空咳の副作用がARBでは起こりにくくなっています。
ACE阻害薬ではRAA系の作用の過程でアンジオテンシンIIになる前の段階を阻害して効果を発揮します。
ARBのミカルディスはアンジオテンシンIIが受容体と結合して血圧を上げる前段階でブロックするため、副作用を抑えながら効果的な降圧を実現している薬です。

優れた効能を持つミカルディスは同じテルミサルタンを主成分にしたジェネリック医薬品も数多く発売されており、低めの価格でミカルディスと同様の効能を得ることが可能になっています。
ジェネリックも含め降圧剤の中でも比較的副作用が少ないと言われるミカルディスです。
飲み合わせに注意が必要な薬の種類はやや多く、ほかの降圧剤や利尿剤との併用は血圧の下がり過ぎを招く心配があるため、医師によって慎重に処方されます。
妊娠中や授乳中の人は服用不可とされ、重い肝臓病や腎臓病の人やミカルディスと飲み合わせの悪い薬を服用中の人も医師への相談が必要です。

用法用量や注意事項をきちんと守って服用している限りミカルディスによって重篤な副作用は起こりにくいとされます。
血圧が下がり過ぎたことで起こるめまいや頭痛といった副作用は他の降圧剤同様に注意すべきです。
ミカルディスなどのARBはACE阻害薬の問題点を改善した比較的新しいタイプの降圧剤で、今後さらに処方される機会が増えると考えられています。

ミカルディスのジェネリックを紹介

ARB系統に属する降圧剤の中でも効果の確かさと副作用の少なさで評判を上げているミカルディス。
有効成分のテルミサルタンと同名のジェネリック医薬品も数多く販売されるようになっており、先発薬であるミカルディスと共に多くの医療現場で処方数を増やしています。
ジェネリック医薬品は先発薬の特許が切れてから、同じ有効成分を使って他の製薬メーカーが自社の医薬品として製造販売する薬です。
先発薬で既に証明されている有効性と安全性を元につくられるため、創薬のために投じられた巨額の研究開発費や実験・検証費用などの負担が無いぶん、安価な販売が実現しました。

先発のミカルディスに比べて価格が半分以下に抑えられているジェネリックのテルミサルタン錠について、価格の安さから先発薬に比べて効果効能が劣るといった印象を持たれることもあります。
有効成分そのものはミカルディスと全く同じテルミサルタンが使われているため、ARBならではのアンジオテンシンII阻害効果によって優れた降圧作用を持つ薬として各メーカーから登場しました。
薬の種類によっては、ジェネリックのほうが錠剤やカプセルの形などに工夫が施され、先発薬よりも服用しやすくなっていることもあります。

先発薬と有効成分は変わらないジェネリックですが、錠剤などの製品化の過程で使われる添加物がメーカーごとに違うため、薬効そのものは変わらないながらも効果が出始める時間などに違いが出て来るケースもあると言われます。
添加物に使われる成分ではトウモロコシやジャガイモなどのでんぷんや牛乳のカゼインといったものがあるため、何らかの食物アレルギーを持つ人はジェネリックに変える際、添加物にも注意を払っておく必要があります。
降圧作用に優れたミカルディスと同等の効能を持つジェネリックを安全に利用するためにも、先発薬との違いを多少なりとも理解しておくことが大切です。

関連記事