高血圧は実は非常に危険の伴う病気なのです。高血圧に効く薬は様々あり、流通していますが、オルメテックという医薬品はご存知でしょうか?オルメテックという医薬品についてご紹介いたします。

  • ホーム
  • メインテートの効果は?高血圧なら誰が飲んでも効く?

メインテートの効果は?高血圧なら誰が飲んでも効く?

メインテートは高血圧症や、狭心症、不整脈などの治療に使用される薬です。
効果が持続する時間は服用後ほぼ24時間で、持続性の高い薬です。
そのため1日1回服用すれば、効果を得ることができます。
ただし、症状によっては頻度を調整する可能性もあります。

メインテートの効果の一つには、心臓の拍動を正常にするというものがあります。
心臓の拍動が極端に多くなったり少なくなったりする状態を不整脈といいますが、メインテートは不整脈のうち、心拍数が多すぎる症状の改善に効果的です。

メインテートには血圧を下げる効果もあります。
心拍数が高くなると、血管へ送り出される血液の量が増え、血圧の上昇につながります。
メインテートは心拍数が上がりすぎないように抑える薬なので、心拍数が高まることによって生じる血圧の上昇も抑えることができます。
血圧の上昇は動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞などの要因にもなります。
メインテートで血圧を下げることで、そのような深刻な病気のリスクを軽減させることもできます。

また薬である以上は、副作用もあります。
主な副作用のひとつに、徐脈と呼ばれる症状があります。

徐脈とは、脈が遅くなる不整脈の一種です。
脈拍の減少によって、血液の巡りが悪くなってしまい、体中に酸素が行き渡らなくなった結果、めまいや息切れなどが起こります。
メインテートの服用後にめまいや息切れなどの症状がみられた場合は、すぐに服用を中止し、医師に相談するようにします。

その他の副作用としては、強い眠気や頭痛、動悸などが起こる場合もあります。
副作用が出るかどうかは個人差がありますが、飲み始めは、そのような副作用が出る可能性を理解しておき、車の運転や集中力が必要な作業はなるべく避けるようにしましょう。

メインテートは、誰が飲んでも必ず効くわけではありません。
高血圧症の治療の場合、約7割の人に効果が見られたというデータがあります。

またメインテートは誰でも飲むことができる薬ではありません。
喘息の症状がある人の場合は服用できないこともあります。
これはメインテートが気管支を収縮させ、喘息の症状を起こす危険性があるためです。
妊娠中や授乳中の使用も胎児への影響を考え、服用を避けることが原則です。
子どもへの使用については、「安全性は確立されていない」とされていますが、場合によっては使用されることもあります。
また65歳以上の高齢者も副作用を起こす可能性が高いので、少量から試すなど慎重な処方の必要があります。

喘息持ちの人がメインテートを避けるべき理由

喘息を持っている方に対してのメインテートにおける注意点を知らない方も多いのではないのでしょうか。
喘息を持っている方がメインテートを避けた方が良い理由としましては、メインテートが気管支を収縮させてしまい、症状を起こしてしまう可能性があるからです。

メインテートの使用に注意した方がいい方としては、過度の低血圧症の方や低血糖症の方などです。
その中でも、喘息の発作の恐れのある方はかえって症状を悪化させてしまう場合もあるので注意しましょう。

メインテートは喘息を持っている方に誰にでも効くわけではありません。
メインテートは1日1回で効果を得ることができます。
子どもの使用につきましても、場合によって使用されることもありますが、安全性が確固としたものではありませので、注意が必要になる場合もあります。

メインテートの副作用としては、心臓の副作用としては、徐脈があります。
脈が1分間で50以下になったり、胸苦しさや息苦しさが強いときは医者に連絡した方が良いでしょう。
メインテートは血圧を下げる作用があります。
また高血圧症のほかに不整脈や、狭心症、慢性心不全の治療にも使用されます。

高齢の方にも心不全や徐脈を起こしやすいので少量で開始するなどの工夫が必要となってくるでしょう。
妊娠中の方、メインテート使用は禁忌です。
なぜなら妊婦がβ遮断薬を使用してしまうと、胎児の血糖値が下がったり、徐脈になったりします。
なので妊婦は服用しないことが基本となっています。

また、授乳婦につきましても、メインテートの服用はやめておきましょう。
授乳中の方とししては、トランデートというお薬のほうが安全性が確立されています。
喘息持ちの方や妊婦の方は注意しましょう。

関連記事
  • 血圧測定
    オルメテックと危険な飲み合わせはある? オルメテックには併用禁忌とされる薬はありませんが、併用注意とされる薬が多数あります。 オルメテックは... 2018年07月27日
  • アダラートという医薬品の添付文書 アダラートは医療機関で処方される医薬品として使用されています。 そのため、効果の他に副作用や投与方法... 2018年10月04日
  • 血圧を測定する医者
    頻尿の症状と原因 折角夜眠っても、数時間後に起き出してしまうことになり、熟睡した気がしないとか、観劇などに出かけても、... 2018年08月28日
  • たくさんの薬
    若年性高血圧と更年期高血圧の違いとは 高血圧の人は若い人ほど少なく、高齢になるにつれて増えていく傾向があります。 このような割合になるのは... 2018年08月10日
  • 血圧測定機
    糖尿病の症状と原因 糖尿病という名前はかなり社会に浸透していますので成人のほとんどの人は知っているはずです。 ですが、正... 2018年09月14日
最近の投稿
人気記事一覧
サイト内検索