高血圧は実は非常に危険の伴う病気なのです。高血圧に効く薬は様々あり、流通していますが、オルメテックという医薬品はご存知でしょうか?オルメテックという医薬品についてご紹介いたします。

頻尿の症状と原因

血圧を測定する医者

折角夜眠っても、数時間後に起き出してしまうことになり、熟睡した気がしないとか、観劇などに出かけても、途中で尿意を催して落ち着いて楽しむことが出来ない、バス旅行にお友達と出かけても、トイレが気になってゆっくり景色を楽しむ余裕がなくなるなど、頻尿気味の方は何かと不便です。
男性と女性は、その頻尿の根本的な原因は違います。

過度な緊張でトイレに行きたくなるというのは男女とも同じですが、男性の場合は前立腺の肥大が加齢によって進んでくるために頻尿は起きやすくなります。
女性の場合の頻尿の原因は生理中や妊娠中、膀胱炎になっているときに起きやすいものです。
症状は軽いものから重度のものまであり、頻尿で、尿意も我慢できなくなって、下着をほんの少し濡らしてしまうものから、大量に漏らしてもらうものまで様々です。

男性の場合、我慢できないような尿意はあっても、十分な排尿が困難となる場合もあり、検査ではっきりさせることが出来ますが、感染症になっていたり、腎臓に負担がかかっていたりする場合は治療が必要となります。
手術が必要なこともあります。
軽い症状である場合は、生活習慣を改善したり、漢方薬やサプリメントで治すことも出来ます。

女性の場合は膀胱炎になっているときは血尿が出たり排尿時に残尿感や痛みを感じることがあり、その場合は受診が必要です。
排尿筋が過剰に収縮してしまう過活動膀胱になっていると尿意が我慢できなくなります。
また、重いものを持ったり、咳やくしゃみで激しい尿意をもよおし、尿漏れしてしまうことがあります。
女性の場合は体を冷やさない、水分を控える、運動不足にならないようにする、血行を良くする、体操をする、などが効果的で、それらによって症状が改善することも多いです。

男性も女性も、頻尿になってしまうと生活の質が低下し、仕事や家事に支障をきたし、買い物、旅行なども制限されてしまうと何をするのも億劫になってしまいます。
軽い症状のうちに対策をたてて、改善しましょう。

頻尿に効果のあるサプリメントのご紹介

頻尿が重度で、他の臓器に影響があるなどの場合は手術や投薬が早く必要になります。
ですが、最近トイレが近くなってきたなと感じる程度の軽症の場合は、体操や漢方薬やサプリメントで改善できます。
サプリメントは副作用もなく、持病のある方で薬を常用している場合でも、一緒に飲んでも問題がない場合も多く、緩やかな効き目で、いつの間にか症状が改善されていくというものです。

持病のある方はお医者さんや薬剤師さんに聞いてから飲んだほうがよいですが、たいていの場合、問題はありません。
頻尿に効果があるサプリメントもノコギリヤシをはじめとして、特別なカボチャの種など各種あり、それを飲むことでトイレのことを気にせずにお出かけが出来るようになります。
夜もぐっすり眠れるようになれば疲労回復もしやすいです。
安心のために、利尿作用の在るお酒は飲み過ぎないで、体は冷やさないなどの対策はしておきましょう。

また、尿漏れ用シートを下着に着けておくことで、外出先でも汚れたら簡単に取換えることが出来ますので、そういったものを使っておくといざというとき本当に安心です。
下着を汚したり、ズボンを汚してしまうと困りますので、心配な方は対策をしておきましょう。
対策をすることは、ちっとも恥ずかしいことではなく、むしろお守りのようなものです。
対策をしながら、サプリメントなどで、調子をよくしていき、今迄通りの活動を元気よく行っていけるようにすることが、何よりも一番良いことでしょう。
体を軽く動かす体操や、骨盤を回す、膀胱を意識的にきゅっと締めるような骨盤底筋の体操もまた大変簡単なものですから、毎日少しでも、習慣的に続けていけば、無理なく鍛えられて、効果が上がっていくでしょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索